二の腕ぶつぶつ女

二の腕ぶつぶつ女

小さい頃は気にした事がなかったので、いつからできているのかは不明です。

 

ですが13歳くらいの時にはできてました。

 

親にはあんたはさめ肌だとずっと言われていたので、仕方がないのだなと思っていました。

 

ですが、友達の結婚式に行った時に友達が綺麗なドレスで細くて真っ白な二の腕を見て、私もあんなに綺麗な二の腕が良いと思ったのです。

 

それからネットで治す方法を探す事もしました。

 

また薬局で二の腕の黒ずみ消しって商品を買って試してみたり、温泉に行くと必ず垢すりをやってもらい色々し始めました。

 

ですが何1つ効果が出ることはなかったのです。

 

もう諦め結婚式の時には腕にぶつぶつを隠すため、コンシーラーなどを塗ろうと決めてました。

 

その頃ぐらいから身体中の保湿に力を入れ始めるようになり、お風呂上りは必ず乳液全身に塗ってました。

 

すると半年ほど経つぐらいから二の腕のぶつぶつが薄くなってきた様な気がしました。

 

ですが、コンプレクスになっていた事もあり腕を出す様な服さえ着てませんでした。

 

そして1年後には本当に比べものにならないぐらいに二の腕のぶつぶつが薄くなりました。

 

なので結果色々な事にチャレンジしてきましたが、1番効果的だったのがやはり保湿する事でした。

 

これからも保湿を続け憧れていた細くて真っ白な二の腕になるように努力したいと思います。

 

保湿命!二の腕のぶつぶつを鎮静せる方法

 

私は敏感肌のため、肌がもとから硬く人よりざらざらしています。

 

また、短時間でも強い日差しを受けると肌がかゆくなり猛烈なかゆみにおそわれます。

 

保湿クリームで落ち着かせられる場合もありますが、我慢できずかきむしってしまうこともあります。

 

二の腕も同様、かいてしまうこともしばしば。

 

かきむしっては後悔を繰り返すという日々にうんざりしていました。

 

そして、2日ほどすると、二の腕にぶつぶつができてしまうのです。

 

昔から、薬品に頼ることがあまり好きではなく自力でこのぶつぶつをどうにかできないかと考え、日に当たらないことは絶対条件とし日焼け対策をしっかり行っています。

 

それ以外にお風呂での半身浴で血行を促し入浴後には自分のボディークリームで入念にマッサージすることを続けました。

 

ネットで調べた際には軽傷であれば尿素入りのクリームで粘り強くケアすれば治るという記事を見ましたが、それよりは日頃から自分の体に使っていて馴染みのあるクリームがいいと思い私はボディークリームを使用しています。

 

購入店は知っている人も多いかと思います、ボディーSHOPです。

 

皮膚科に相談したほうが一番いいのかもしれないですが、今は上記の方法でぶつぶつが鎮静してきましたよ。

 

跡を消すことが新たな課題ですが。